DIVEST NOW

ダイベスト最前線

広がり、深まるムーブメント
2018年に公表されたダイベストメント運動の最新レポートでは、化石燃料ダイベストメントに取り組む37ヵ国の機関が紹介されましたが、現在は71カ国に広がっています。
 目次

投資撤退への取り組み表明の数を見れば、このムーブメントの全体的な成長は明らかですが、それは、いまなお広がり、深まっています。

2018年に公表されたダイベストメント運動の最新レポートでは、化石燃料ダイベストメントに取り組む37ヵ国の機関が紹介されましたが、現在は71カ国に広がっています。22

タイトル1

タイトル2

タイトル3

タイトル4

また2014年、ダイベストメントに取り組む機関のうち、米国外に拠点を置く機関はわずか22%でしたが、2021年には69%に上昇、ムーブメントがグローバルに拡大していることを示しています。23 多様な機関や、かつてより規模の大きい機関もダイベストメントに取り組むようになり、知名度の高い機関も増えています。

化石燃料からの引き上げ対象となる運用資産額をもっとも増やしているのが大手保険会社、年金基金、大規模大学基金であるのに対し、ここ数年、ダイベストメントの取り組み件数をもっとも増やしてるのは宗教団体や慈善団体です。

 

 

特に慈善団体は、その取り組みを大幅に強化させています。初となる「ダイベスト・インベスト慈善ネットワーク(Divest-Invest Philanthropy)」が設立された2014年1月、17の財団がこのネットワークに加盟、総額およそ20億ドルを、すべての化石燃料から引き上げたうえ、各財団のポートフォリオの少なくとも5%を気候ソリューションに投資することを公式に表明しました。

2021年10月の時点で、資産総額1,250億ドル以上の192財団およびファミリー財団が、何らかの形でダイベストメントに取り組んでいます。

ダイベストメントとは?

多くの人々にとって激動の時代となるでしょう。けれど視野を広く思い描けば、公正な移行には、ポジティブな変化に向けた偉大な可能性が秘められているのです。

10年を経た今、このムーブメントがすでに絶大なインパクトをもたらし、大きな成長の可能性をもつことは明らかです。しかし今こそ、さらなる成長を遂げるべき時です。 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の最新報告書によると、取り返しのつかない危険なダメージが気候にもたらされる前に、世界のエネルギーシステムや経済を大変革するのに残された時間は、あと9年もないそうです。

この24ヶ月間、世界でもっとも影響力のある著名機関もダイベストメントに取り組むようになりました。これら機関による投資撤退表明は、世界中でトップニュースとして報じられ、気候に関する政策協議を前進させたうえ、ムーブメントをさらに盛り上げています:

 

ハーバード大学

世界一資産力のある大学、ハーバード大学は、およそ10年にわたる学生アクティビストや卒業生、教職員による働きかけに押され、420億ドル規模の大学基金について、化石燃料投資をほぼ完全に引き上げたこと、また今後石炭・石油・ガスへの投資を、一切禁止することを公表。30ほどなくして同じアイビーリーグのダートマス大学もダイベストメントを表明した。31なお、ダイベストメント・キャンペーンは、ブラウン大学、コロンビア大学、コーネル大学を含む、ほかのアイビーリーグ名門校においても進められている。32 33 34

ラ・バンク・ポスタル(フランスの郵便貯金銀行)

フランス郵便公社の子会社銀行「ラ・バンク・ポスタル(La Banque Postale)」(資産額894億ドル)35は2021年10月、2030年までにすべての石油・ガス会社から投資を引き上げると表明。36 その際、「従来型か非従来型かにかかわらず化石燃料を生産する企業、生産のあらゆる段階に携わる企業、化石燃料産業のインフラ開発に携わる企業、そして石油・ガス業界のためロビー活動を行う企業」への金融サービスを提供しないと延べたのは、非常に重要。37

フォード財団

世界最大の慈善団体のひとつで、資産170億ドルのフォード財団による投資撤退表明は、そのレガシーゆえ、大きな影響力を伴うものであった。38同財団は2021年10月、「化石燃料関連の産業には一切投資しない」こと、また「自然エネルギー経済を支える十分な強さと多様性を備えた投資先を見つける」ことを約束。39

ケベック州貯蓄投資公庫(Caisse de dépôt et placement du Québec)

ケベック州貯蓄投資公庫(CDPQ)は、カナダ第2位の年金基金で、その資産額は3,070億ドル超。402021年9月、すべての石油投資から撤退すると公表。これについてトロント・スター紙は、「今後カナダの石油・ガス生産会社にとって、新たな油田開発やオイルサンド事業のための資金調達は厳しくなるだろう」と報じた。41カナダのオイルサンド埋蔵量が世界最大であることを踏まえると、大きな進展である。42また同年金基金は、自然エネルギーに100億ドルの投資を表明43、モントリオールの路面電車など、持続可能なインフラ事業への投資を増やしている。44

オランダ年金基金

 

オランダの年金基金、PME(資産額710億ドル)は2021年9月、化石燃料投資から撤退したことを公表。45ダイベストメントを完了したオランダ初の年金基金となった。担当ファンド・マネージャーらによると、手続きにかかった時間はわずか6週間で、ポートフォリオ全体に何も影響がなかった。46

シェア
おすすめの記事
おすすめのアクション
気候のためのアクション3STEP(ファイナンス編)
3大銀行さん、脱化石宣言を!
レッツ、ダイベスト